赤ちゃんが欲しいなら・・・

最近、よく見かけるようになった黒豆茶ですが、このお茶を妊活中に飲むのは大変良い組み合わせなのです。

理由は、黒豆茶がノンカフェインなので、妊活にも安心な飲み物ですし、イソフラボンという黒豆の成分が女性ホルモンの一つに近い働きをしてくれるためです。

イソフラボンを十分に摂っておくと肉体や精神のバランスを安定させてくれる作用が期待できますから、毎日欠かさず温かくした黒豆茶を飲むことをおススメします。

体温を上げる事や代謝の改善をはかることで妊娠しやすさが変わっていきます。

普段から「運動はしません」という妊活中の女性は、すすんで身体を動かすよう意識しましょう。

きつい運動ではなくストレッチだったりヨガだったり、ゆっくりとした動きのものに効果があります。

ここ最近では妊活ヨガというヨガのコースがあるスタジオもあり、注目されているようです。

「妊活」と聞いたとき、一般的には女性の活動とイメージされがちですが、本当なら、夫婦二人にとって、女性のみでなく男性も一緒に妊活を行うものです。

そういうことで、男性の妊活として食事について考えていきましょう。

男性が妊活のために摂取すべき栄養素と言えば、亜鉛、アミノ酸の一つであるアルギニン、そしてビタミンE、ビタミンB群といったものを挙げることが出来ます。

これらを含む食品を毎日食べるよう心がけ、さらに妊娠しやすい体づくりを目指すことをおすすめします。

真剣に妊娠を計画している方は、きちんとした専門機関で不妊検査を受けましょう。

体に問題が発見されない場合でも妊娠に適した体づくりのための助言を貰えますし、排卵の周期を確認した上で性生活を持つタイミングのアドバイスもしてもらえますから、妊活を始めるにあたっては産婦人科や専門の医療機関を受診し、不安の少ない状態で妊活をするのが良いでしょう。

今の時点で妊活をもうなさっている方は極力早く赤ちゃんを授かることを望まれていることでしょう。

基礎体温を付ける事であったり、体を冷やさないようにすることであったりとベーシックなことは以前から行っているという人も多いでしょう。

風水の観点から行くと、多くの実を付けるざくろの絵を寝室の北側へ飾ることが妊娠に効果があるとされています。

加えて、寝室そのものも北に位置しているとますます効果的だということです。

カフェインを含んだ飲料を飲むことは妊活中には避けたいですよね。

そういった場合に、よく飲まれる飲み物としてハーブティーが挙げられます。

これは第一に、体にとっていい効果があるためです。

挙げられるものとしては、不妊の原因でもある冷え性の改善や、生理周期の乱れを整えることです。

さらには、ストレスを緩和させる作用もあります。

ストレスは妊活の大敵ですが、その解消が期待できます。

当然ですけど、妊娠または出産とは、夫婦の共同作業によってもたらされる結果です。

このことは何を意味しているかというと、妊活において男性の協力はなくてはならないものだということです。

子供を産むのは女性だからといって、もしかすると、女性のみががんばることだというイメージがあるかもしれませんが、夫の協力が得られなければ、赤ちゃんを授かる可能性は落ちてしまうかもしれません。

少しでも早く子供が欲しいと妊活する場合、しっかりと栄養を摂るということは欠かせません。

肥満はよくないですがダイエットはやめておいて、「栄養をしっかり摂るぞ」と考えるようにしてください。

おやつは「栄養補給のため」と考えて、過剰摂取に気を付ければストレスから解放されるためにも有効です。

妊活を行っている時は食べ物は、体を温めるようなものを選ぶようにしましょう。

野菜の中でも大根やごぼうや人参などといった土の下に根を生やすものは、体を温めてくれる作用があるので、いいでしょう。

また、身体を冷やす効果がある野菜は、きゅうりやなす、トマトなど旬となる時期が主に夏の野菜です。

また、果物はデザートとして少しの量を摂るだけならいいですがスムージなどで大量に飲むとやはり体を冷やすので飲み物についてもあたたかいものを飲む方がいいでしょう。

アロマというものは心と体の調和を整える効果がありますので、妊活にも活用されています。

待合室にアロマを使っている病院も登場しているぐらいです。

ローズのアロマは、妊活中の女性に人気を博しています。

このアロマは、ホルモンのバランスを整えて、ストレス解消の作用があります。

心配事を打ち消して、女性ホルモンの分泌を活発にするというイランイランも妊活には効果があると言われています。

参考:亜鉛サプリは男性不妊におすすめ※効果あるのはコレ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です